電話でのご相談予約はこちら

0120-666-694

平日9:30~21:00/土日祝9:30~18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

自動車運転中の接触により怪我を負わせた。被害者が外国人観光客だったため、帰国前に迅速に対応して示談を成立させ、不起訴となった

  • cases225
  • 2017年09月26日更新
男性
  • 男性
  • 30代
  • 会社員
  • 暴力事件
  • ■犯罪行為 暴行
  • ■罪名 業務上過失致傷
  • ■解決結果 不起訴

事件発生の経緯

繁華街で自動車を運転中に外国人観光客に接触し、怪我を負わせ逮捕された事案。

ご相談~解決の流れ

被害者が一時的に日本を訪れていた外国人観光客であったため、示談をするのに困難を極めました。

東京での事件であったが、被害者に連絡がとれた時点では京都におり、しかも翌日には帰国する予定という状態でした。

被害者と英語で交渉し、示談書を被害者の宿泊先にファックスし、京都に住む被害者の友人に示談金を振込み示談書を取得。

結果、不起訴となりました。

解決のポイント

事件によってはタイミングを逃すと示談ができなくなってしまうため、早めに弁護士に示談を依頼する必要があります。

全国の各オフィスから寄せられた解決事例をご紹介しております。(※ベリーベスト法律事務所全体の解決事例となっています)

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

0120-666-694

営業時間 平日9:30~21:00
/土日祝9:30~18:00

< 24時間受付 >メールでのお問い合わせ

宇都宮オフィスの主なご相談エリア

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、栃木県の近隣地域にお住まいの方

ページ
トップへ