電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
宇都宮の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
ラフティング

イメージ:ラフティング

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国61拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


宇都宮で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

鬼怒川、中禅寺湖など宇都宮市周辺での海難事故(水難事故)でお困りの際は、ベリーベスト法律事務所 宇都宮オフィスにご相談ください。

関東の内陸部に位置する栃木県は山や河川、湖などの多様な自然を有しています。中でも一級河川である鬼怒川はレジャースポットとしても知られており、水遊びや釣り、ライン下り、カヌーなどが楽しめます。また中禅寺湖では遊覧船やプレジャーボートなどに乗って、湖から四季折々の美しい景色を眺めることもできます。

海や川のレジャーは参加者の年齢や体力、目的に合わせて選べるため、宇都宮市や近隣にお住まいの方には日常的に楽しんでいる方も多いでしょう。ただ水のレジャーでは、毎年のように事故も発生しています。

「遊泳中にボートが突っ込んできた」「漁船と遊覧船が衝突した」「モーターボートが座礁した」。こういった事故では巻き込まれた人がケガを負うことは珍しくなく、最悪の場合、命を落とします。乗船客が多い遊覧船などの事故では、多数のけが人がでることもあります。

交通事故に遭った場合には警察への通報や保険会社への連絡、相手への賠償請求などの対応方法が知られています。ただ海や川の事故はなじみがないため、被害を受けた場合にどのような対応をしたらいいのかわからない方も多いでしょう。

海難事故(水難事故)においても、相手の過失によりケガをするなど損害を受けた場合には、治療費や休業損害、慰謝料などの賠償を求めることができます。また衝突事故で所有する船が壊れるなどした場合には、船の修理費用や営業損害が請求できることもあります。

事故の内容によっては、相手方が加入している保険から賠償金が支払われます。ただし保険もビジネスですので、保険会社はできるだけ支払う金額を少なくしようとしてくるでしょう。水難事故は交通事故に比べて圧倒的に件数が少ないため、賠償金の相場はあまり知られていません。そのため保険会社から提示された金額が妥当なものかどうか判断ができず、本来はより高額な賠償金が受け取れるのに、言われるがままに、低い金額を受け入れてしまうケースは少なくありません。

また保険が適用されない場合には、相手方に直接賠償を求める必要があります。その場合には、過去の事故の事例や判例などを参考に、適切な金額を算出して支払い交渉を進めていく必要があります。交渉で解決できない場合には、裁判を起こしましょう。ただ水難事故については、陸上とは異なる海上交通に関する法律が適用されることもあるため、法律に関する知識が必要です。ベリーベスト法律事務所 宇都宮オフィスがお手伝いいたします。

当事務所には交通事故や水難事故に関する深い知識を有する弁護士が所属する「事故専門チーム」があり、相手方や保険会社との交渉、裁判、また事故のケガで生じた、後遺障害の等級認定のサポートなど、事故に関するあらゆる手続きに対応可能です。

「水難事故に遭ってしまったけれど相談先がわからない」「相手方保険会社の対応に不信感がある」「損害賠償を求められるか意見を聞きたい」など、お困りの場合にはお早めにベリーベスト法律事務所にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

宇都宮オフィスの主なご相談エリア

宇都宮市、足利市、栃木市、佐野市、鹿沼市、日光市、小山市、真岡市、大田原市、矢板市、那須塩原市、さくら市、那須烏山市、下野市、栃木県の近隣地域にお住まいの方

ページ
トップへ